What' New

2007年11月01日

「GIN AND WHISPERS」

PA263305.JPG
 写真は10月26日の熊本全日空ホテルでのショット。ヴォーカリストのMichell Roundsさんです。彼女の音色のコントロール、フレージングの自由さ、音域の広さなどは本当に個性的で、共演するのがいつも楽しみ。
 ・・・そしてそのMichellさんが、僕の楽曲に歌詞をつけて下さいました。アルバム「SNAPSHOT」に収録されているこの曲、タイトルはこれまた友人で大のJAZZファンのエリザベスさんと考えたもの。文字通り「ジン(お酒)とささやき」ということですが、これがワインやバーボンやウォッカでないところがミソ・・・だと思っています。お酒のお好きな方にはなんとなくわかってもらえるでしょうか・・・?
 さてまだ僕はこの歌詞の意味を理解しておりませんのでいまから勉強してみますー(どなたか英語の得意な方、いつかきちんとした訳を教えてください)。歌曲としては少し音域広めでテクニカルかも・・・歌ってもらえるとうれしいです。

「GIN AND WHISPERS」  Words by Michell Rounds / Music by Shuichi Nomoto

I FEEL THERE'S SOMETHING WE COULD KNOW
PERHAPS WE'LL FIND IT AS WE GO
EVEN IN THIS LONELY NIGHT
IT'S HERE IN OUR GENTLE (PEACEFUL) DANCE, BREATHLESS FOR WILD ROMANCE

IF WE CARE TO LISTEN TO THE SONG
THE MEANING'S BOUND … TO COME ALONG
FOR THERE, AS WE HEAR THE TUNE
IS WHEN WE'LL KNOW, THE BEAUTY OF OUR LOVE

BUT FOR NOW WE'LL SIT SO PATIENTLY AND WAIT
TIL THE MORNING WIPES AWAY THE FEAR
THAT WE MAY NEVER REACH, FOR THE LOVE WE SEEK

WE COMFORT WEARY HEARTS --- WITH GIN AND WHISPERS NOW
JUST GIN AND WHISPERS
posted by S.Nomoto at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary/エッセイ

2007年06月12日

6月10日「阿蘇内牧温泉」

070611_0458~0001.jpg
 この日は夏と秋に予定されているイベントの下見と打ち合わせを兼ねて、阿蘇内牧温泉を訪問。初夏のすがすがしい空気の中、阿蘇で音楽を大事にし様々な活動をされている数名の方やJAZZのお店などをご紹介していただきました。どちらへ伺っても、本当に皆さん人情味豊かで、久しぶりに僕ものんびりとした気分になることができました・・・。
 写真は、この日泊まらせていただいた「阿蘇ホテル」さんからみた阿蘇山の夜明けです。いつも夜更かしの人がいきなり早く寝たもので、朝とんでもない時間に目が覚めました・・・阿蘇五岳はよく仏様の寝姿にたとえられますが、仏様もさすがにまだお休みのようです!?
 8月4日に内牧温泉「源泉かけ流しの会」の発足を兼ねて企画されるこのイベント、「ホテル角萬」さんを会場に昼は地域の学校などの教育的な意味合いでのコンサート、夜は内牧温泉の良さを全国にPRするイベントとなります。詳細は決まり次第HPに掲載しますので是非皆さんご覧ください。
 
posted by S.Nomoto at 11:41| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary/エッセイ

2007年05月03日

5月2日

image/pf-nomoto-2007-05-03T17:18:06-1.jpg
 「Studio 106」もゴールデンウィークで6日まで休み、また6日から13日までつづく「もりつね徳力音楽祭」に向けてガンバロウ!の意味をこめてスタッフ3人とお寿司!!を食べに行きました。
 食べた食べた・・・・・ただし写真は4人で食べた分です。「この写真じゃ、ふたりで食べたみたいやん!!」と文句を言ってましたが、かなり食べたのは事実です・・・「あ〜、お腹出た」とつぶやく声を聞き逃しませんでした・・・!?
 6日、北九州芸術劇場での前夜祭(4人とも出演)を皮切りに、いろんなイベントが目白押し。ぜひ、聴きにいらっしゃって下さい!
posted by S.Nomoto at 17:18| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary/エッセイ

2007年02月07日

冬の移動

image/pf-nomoto-2007-02-07T12:04:28-1.jpg
 上の写真は2月2日の雪で、通行止めの高速の入り口でひたすら開通を待つの図。
 北九州から熊本まで2時間半の予定が6時間・・・、夏の台風、冬の雪は移動の大敵です。以前山口の防府市付近の峠で、「簡単クイック装着30秒」と表に書かれたタイヤチェーンを持ちながら、大雪の中説明書と格闘30分、ひとり雪の中ぼやき続けた経験がありますが、でもちょっとサバイバル感覚で楽しいのも事実です。目的地に向かって果たして高速はいつ開通するのか?、どのルートは込んでそう?、この道は 敵のトラップが 凍結しててやばいかも?、必殺タイヤチェーンの装着のタイミングは?などなど・・・。とうとうあきらめて宿を探したりするようになると、旅の気分も最高に盛り上がります・・・。
 2月3日の昼には福岡県の田川市に向かって、焼き物で有名な小石原から峠越えで行ったのですが、雪はちらほら残っているもののこの程度だと帰りも大丈夫だろうと判断。さて演奏が終わり、明日の朝からある熊本全日空ホテルのブライダルショーに向けて日帰りを始めたのですが、いざ峠に近づくと、濡れている路面がどうも凍結しているように見えたりしてどきどきしながら運転しました。ビューンと追い越していく地元の車に向かって「あぶないよ〜」とつぶやきながら、無事にノロノロ運転で危険区域から脱出、杷木インターから高速に乗って広川P.Aで戦いの疲れを癒していたら気がつくと3時半・・・寝てました!
 でも翌朝9時入りの全日空ホテルのブライダルショーはバッチリ。JAZZミュージックでチャペルの式をプロデュースしてほしいというこの依頼、慣れないオルガンを弾いたり、わざわざピアノを購入、チャペルにセットしていただいたり、スタッフの皆さんのご協力のおかげで今までにない雰囲気の新しいブライダルショーになったと思います!企画段階から初めての経験でしたが、とても楽しく仕事させていただきました。どうもありがとうございました!
posted by S.Nomoto at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary/エッセイ

2006年11月29日

「雪舟展」

image/pf-nomoto-2006-11-29T16:28:29-1.jpg
 移動の合間をぬって、山口県立美術館「雪舟展」へ行きました。
没後500年という年で、しかもゆかりの深い山口市での展覧会ということで、各地からかなりの絵画が集められており見ごたえ十分・・・(国宝6点)。朝早く行ったのにすごくたくさんの来館者が数珠つなぎ状態でした!
 今月いっぱいということで無理を押して行ったのですが、雪舟という天才画家の長年にわたっての仕事ぶり(雪舟さんは長生きで87才まで現役で創作されていたそうです)、作品の変容など本当に興味深く見させていただきました。国宝級の作品に見られる神がかったようなひらめき、逆に習作段階での試行錯誤や迷いなど、これだけいっぺんにひとりの作品をじっくり見ると、会ったこともない雪舟さんが身近に思えてくるのが不思議です。来館者は僕より先輩!?の方がほとんどでしたが皆さん熱心で、口々に「あ〜ら、この岩のじょ〜ずに、よ〜出来とるいね!(山口弁?)」など雪舟さんともっとお友達になられてました・・・。
 雪舟さんは40代後半に中国に勉強に渡られて日本に帰ったあと、わりと年をとられてから、それまでにまして数々の傑作をものにされています。・・・ということで、自分もまだまだ若輩者、気合を入れてがんばって、駄作もどんどん発表して、傑作も少しは発表してがんばろうと思った次第でありました!
 天才的な作品、人間らしい作品、習作、それ以外、すべてひっくるめての、すばらしい仕事ぶり職人ぶり芸術家ぶりに感激、本当に楽しい時間でした!
posted by S.Nomoto at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary/エッセイ

2006年10月19日

2006年10月14日

10/13(金)ちょっとひといきー

image/pf-nomoto-2006-10-14T09:22:20-1.jpgimage/pf-nomoto-2006-10-14T09:22:21-2.jpg
 仕事の合間に時々サボりに行くのがギャラリー「雛蔵(ひなくら)」。小倉北区の足立山の中腹、妙見神社の近くから坂を上がったところにある小さなギャラリーです(4周年おめでとうございます!)。コーヒーや食事を頂いたり、ピアノがあって時々演奏会も開いてます。
 食事もおいしいのですが、なんといっても一番のご馳走は小倉の街を見下ろす最高の眺めでしょう!数年前から度々演奏させていただいたりしてお付き合いさせていただいてますが、時々こうしてフラッと来て、ボーっと景色を眺めたり、オーナーの雛子さんと世界経済について 我が家の家計について(笑!)熱く語ったりしてます・・・。
 「雛蔵」での次の演奏会は、11月29日に東京よりギターの岡安芳明氏を招いてのコンサートを企画してますので皆さんお楽しみに!
 さて今日はこれから下関「ビリー」で、藤山英一郎(Ds)E.T.バンドでの演奏です!
posted by S.Nomoto at 09:22| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary/エッセイ