What' New

2012年05月09日

ゴールデンウィーク@酔ing

swing-2012-05-08T17_20_50-3-thumbnail2.jpgswing-2012-05-08T17_20_50-2-thumbnail2.jpg
 5月の3・4・5日の3日間、世の中の連休にもかかわらず、野本秀一Swing & Soul;渡辺隆介(Gt)デデ鷹村(B)亀井俊児(Ds) は熊本「酔ing」で練習とライブ三昧。どこ行っても人多いし、練習してる方がまだ楽しいはず〜ということでメンバーと意見が一致し、引きこもりましたー(笑)
 さすがにこういう日は、皆さんは遊びで忙しいだろうから、夜は少ないだろうと予想。「それでもいいよね・・・」というつもりでしたが・・・以外や以外!?ふたを開けてみると、3日間とも本当にたくさんのお客様に来ていただきまして、本人達がビックリ!(笑)「結構みんなも・・・スルコトナイノヨネ〜(笑)」なんていうと、バチが当たりますネ・・!
 3日間ともLive終了後、たくさんのアマチュアミュージシャンの方々や、いつも酔ingに出演のミュージシャンなどなど入り乱れて、延々とセッションが続いてました。本当にみんな音楽が好きです(素晴らしー♪)。日頃はなかなか忙しくて身動きが取れない方なども、ここぞとばかりおいでくださいまして、セッションになるとがんがん演奏してらっしゃいました。なんと皆勤賞も数名〜本当にありがとうございます。多分そのうち、なにかが届くでしょう・・・!?
 果てしなく続くJazzナンバー、3日間で何曲聞いたことでしょう・・・拍手あり、笑いあり、酔っ払いありで、何か年末のイベントのような怒涛の3日間でした。皆さんがJazzで楽しんでくださることは、私たちも幸せを感じます。楽しいゴールデンウィーク、どうもありがとうございましたー ♪
posted by S.Nomoto at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年05月08日

4月20日「松ヶ江中学校」子供読書の日

clip_2.jpgclip.jpg
 4月20日は、北九州市立松ヶ江中学校に、子供読書の日のイベントに伺いました。昨年に続き、今年で2年目です。
 体育館にて全校生徒235人。ブックネットワーク北九州の仲紀子さんと、読書の大事さや楽しさを伝える事が一番の目的です。小説やエッセイ本などの紹介の他に、著名人の伝記本や、詩の朗読などもあります。
 実際に本の中身の文章を朗読にして紹介する場合、同時進行で、その内容をうまく暗示したり、リードしたりするような音楽の効果があると、子供達がイメージしやすかったり、集中力が途切れずに聞いてもらえるということで、そこに私の存在価値があります。映画のバックグラウンドの、効果音や音楽みたいなものでしょうか?
 さて・・・今年は、先生方が竹取物語を朗読するというコーナーがあったりして、これまた楽しいチャレンジでした。古語の響きとピアノ、これもまた一興です〜。
 あとは、私の表現者としてのプロ活動に関して、著名人の伝記本などを紹介しながら、意見を求められたりしました。また、昨年に引き続き、少しJazzを紹介する時間も頂いて、Solo Pianoの演奏と共に、作曲、ニューヨークでのレコーディングの経験などをお話させていただきました。
 音楽好きの先生もたくさんいらっしゃって、終了後は「私たちも楽しかった〜」と言って頂き、うれしかったですねー。子供達には、真面目な詩の朗読などは、少し退屈?難しいかなー!?とも思いますが、その中で何かが印象に残ってくれるといいな〜と、いつも思っています ♪
posted by S.Nomoto at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年04月30日

「井上有Duo」2days

aly,2012,4,8-278.jpgaly,2012,4,8-311.jpg
 4月7、8日の2日間、Vocalの井上有さんとのDuo。年に2回ぐらいのペースで続けております。
今回の会場は、北九州「Studio106」、博多「New Combo」。
 「Studio106」は、私が毎月Jam Sessionを主催している場所でもあり、ホームグラウンド的なアットホームなLiveでした ♪SoloやDuoで、グランドピアノが生音でいけるくらいの広さの会場はとても好きー じっくり、集中して演奏させていただきました。
 「New Combo」は毎回たくさんのお客様・・こちらもとてもいい雰囲気のLiveだったと思います ♪有さんの選曲は、Jazzが本当に歌いたいということが伝わってくる感じで、私にはとてもやりがいがあるものです。リチャード・ロジャース、コール・ポーター、ジェローム・カーンなど、Jazz好き、Vocal好きには、おなじみの作曲家の名曲が、ずらーっと並びます(ただし、一般の方には決してポピュラーなものばかりではないのですが・・・)。
 最近はどちらかというと、Jazzも歌えますというスタンスのシンガーの方が多くて、この様ないさぎよい選曲には、逆に拍手を送りたいと思います。歌の前置きみたいな部分、バースや、自分に合うメロディーにそれぞれが変化させるメロディー・フェイク、まるで楽器になったようなスキャットなど、Jazzにしかない魅力もたくさんもたくさんありますねー ♪
 「伝えたいことが、はっきりしていること」、これはとても大事なこと。表現の種類は何でも構いません・・・新しかろうと、古かろうと、複雑であろうと、シンプルであろうと、具体的、抽象的、
ハイセンスであろうと、質素であろうと〜
 ・・・というこで、これからもますます楽しみです。来ていただいたたくさんのお客様、本当にありがとうございましたー!
posted by S.Nomoto at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年04月24日

発表会ゲスト演奏@荒尾市文化センター

4-1 鍵盤ハーモニカ2.JPGCAYR6WIU.jpg
 4月1日(日)は、熊本県荒尾市に、ピアノ教室発表会のゲスト演奏にうかがいましたー。
主宰の竹原先生は、昨年からのお付き合いですが、私がスクールコンサートなどの活動をしている事を、ある番組をご覧になってお知りになり、声をかけてくださいました。とてもユニークでエネルギッシュ、私もあっという間に仲良くなって、ずっと前から知り合いのような錯覚になりますから不思議です〜(笑)。そういう指導者の下、生徒さんも自然体で音楽を楽しんでいる感じが、私にはとても気持ちよく感じます。また、クラシックが中心の発表会にJazzバンドを起用するなど、音楽に対してとても柔軟で、今回もとても楽しい発表会でした〜♪
 TrioでのJazz演奏の他、連弾+リズムセクションでラヴェルの「ボレロ」やガーシュイン「ラプソディー・イン・ブルー」など。ゲストにオーボエ奏者やコーラスグループもあり、ご父兄も参加の鍵盤ハーモニカアンサンブルでも、伴奏お手伝いさせていただきましたよー。
 出演者も多く、長時間の発表会のため、「腰を伸ばしましょう〜」と突然ステージで始まった、生ラジオ体操!?の時間には、大変ウケましたー。「野本さんもステージにどうぞー」と呼ばれ、ついステージに上がりかけましたが、自制心が働き(笑)、お断りしましたー。だって子供達、いつの間にかジャージに着替えているんだもの〜(笑)
 終了後、場所をかえて行われた打上げでは、美味しいお料理に会話も盛り上がって、ついお酒がすすみましたねー。前日の博多からの、夜中の移動と朝からのリハーサルで、少しハードスケジュールでしたが、とても気分の良い疲れ〜。休憩中に少し散歩した、運動公園の桜がとても目に美しくて、楽しい春の一日となりました。どうも、ありがとうございましたー♪
posted by S.Nomoto at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

「Ryu Miho(Vo)」CD発売記念

1333205490706.jpgt02200220_0800080011792054831.jpg
 3/30(金)日航ホテル博多「夜間飛行スペシャルエンターティナー」、3/31(土)福岡市天神のカフェ「HIMITSU KITCHEN」にて、ヴォーカルのRyu MihoさんとDuoで演奏してまいりました ♪
この2日間は、2月にキングレコードからリリースされたRyu MihoさんのNew Album「...and you
will find me」の発売記念のイベントでもあります。
 〜Jazzy pop,Stylish jazz〜とサブタイトルがついたこのアルバム、聴かせて頂きましたが、とてもセンスの良いサウンド作りで、Jazz,Latin,Soul,Popsなどの要素が自然にMixされ、さらにRyuさんの個性的なヴォイスが魅力的なアルバムでしたよ ♪日本語のオリジナル曲も収録されておりますが、とても自然に他の楽曲にとけ込んで、彼女の世界観がよく表現されております。
「HIMITSU KITCHEN」はアルバムのジャケット衣装も担当されたデザイナー、Junya Tashiro(タシロジュンヤ)さんの今年オープンしたカフェで、なんとLive中にお色直し(笑)が3回もあり、終始楽しい、和やかムードのLiveでした〜
みなさん、大変お世話になりました。また、お会いしましょうー ♪
posted by S.Nomoto at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年04月06日

谷口英治(Cl)×野本秀一Duo@やよい

野本,谷口Duo.JPG
 3月19日(月)は、山口の山陽小野田市厚狭のレストラン「やよい」にて、「えいちゃん×のもやん」Duo Live。日本のトップJazzクラリネット奏者、谷口英治氏は私と同じ歳、北九州出身ということもあって、仲の良い友人です。そして何より音楽的な話が、言葉でも、演奏の上でもかみ合うのが、一番居心地が良いところでしょう。
 彼のクラリネットという楽器に対する価値観や思いが、私のピアノのスタイルと合わさって、いつも、とても面白いことが生まれそうな気がします〜
 さて今回のLiveも、久しぶりだったに関わらず、とても楽しい演奏になりましたー
クラリネットの温かく、そして時折見せる刺激的な音色は、とても魅力的!素晴らしいテクニック、説得力のある表現に、お客さんも大喜びでしたねー
店内、予想を上回る超満員のお客さんでしたが、Duoなのに充分バラエティーに富んだヴォリュームのあるLiveになったと思います。
 打上げにも、皆さんたくさん残って下さって、とても楽しかった & お料理美味しかった!日本酒がすすみましたー さて、次のこの組み合わせはいつでしょう〜とても楽しみです♪
posted by S.Nomoto at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年04月05日

北九州 Jazz-Bossa Nova Club「Spring Concert 2012」

Trio+Rieさん.JPGフィナーレ.JPG
 3月18日、北九州市門司区の門司生涯学習センターにて、北九州 Jazz-Bossa Nova Club「Spring Concert 2012 ♪ (北九州市文化振興基金奨励事業)」が開催されました。昨年より活動しているこの団体、広くJazzやBossa Novaをみんなで楽しみたい&楽しんでもらいたいという趣旨で、会員はアマチュアミュージシャンが主体、定期的に集まって練習したりしております。
 さて今回は、その第一回目の記念すべき大きなイベント。基本的には、会員さんの出演が主体のコンサートです。我々のTrioは、ゲスト&サポート役として出演しました。そして、熊本からは友情出演で”熊本 Bossa Club”。
 この日、門司港レトロ地区では大々的に「北九州ラーメンフェスタ」が開催されており、そこから目と鼻の先の門司生涯学習センターの1Fホールは、これまたレトロな感じで、何か学生時代の手作りの音楽イベントを思い出す、懐かしさを感じました〜
 さて、北九州 Jazz-Bossa Nova Clubのステージ、数名のヴォーカリストを中心に構成されましたが、みなさん緊張はしているものの、しっかりと実力を出したステージだったと思います〜♪ また”熊本 Bossa Club”の演奏も、それに花を添えて、いいムードでした。
 Jazzミュージシャンの私たちは、ひとりでもJazzファンが増えてくださることを、いつも願っております・・・。”北九州 Jazz-Bossa Nova Club”の今後の活動の広がりを、是非、期待そして応援したいと思います!みなさん一緒に、音楽を楽しみましょうね♪
posted by S.Nomoto at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年03月21日

野本Trio Feat.田井中福司「Winter Tour」

2012022321410000.jpg
swing-2012-02-27T16_30_44-1-thumbnail2.jpgDSC01742.JPG
2月21日から24日まで、ドラムス田井中福司さんをフィーチャーした野本秀一Trioの冬のツアーでした。(熊本「酔ing」、北九州「サンマルク」(主催;Birdland)、山陽小野田「やよい」、博多「ニューコンボ」)
二日前にフルマラソンを意地で完走した私・・・左足の膝がとても痛いー、こんなはずではなかったのに〜。仕方ないので、急遽、杖を用意・・・ツアーマネージャーも来てもらって・・・大変でした。すいません〜
 一応、ステージではみっともないので、我慢してなんとか杖無しで歩いたものの、最短距離をテーブルなどにつかまりながら歩く始末・・・カッコ悪い〜。でも、MCで「実はマラソン大会に出場しましてー」なんて、とても自慢げ〜(笑)なんてたって、ツアーに、完走記録賞とメダルを持ち歩きましたからねー!
 もちろん、我々の仕事は体が資本なだけに、スキーとかバイクとか生牡蠣(笑)とか、怪我につながりそうなものは極力避けているのですが・・・事が事だけに!?皆さん寛容で、「ほんとにー?すごいねっ〜!」って笑って許してくださいましたー・・・バカな事をしてすいません、ありがとうございます。
 さてさて、そんなこんなのツアーでしたが、演奏はとてもゴキゲンでしたよー!
田井中さんの素晴らしいドラミングは、観客を魅了しておりました。N.Yの第一線で長年活躍されている、華のある演奏 ♪歴代の往年の名ドラマーの姿が浮かんでくるようでしたー。
ベース小車洋行もグルーヴィーなTrioの演奏に、最も重要な役割をしっかり果たしていました。こうこなくっちゃ、バンドはSwingしませんー♪
私はとても楽しく、かつチャレンジもしながら、リラックスして演奏。おかげでピアノトリオの魅力が充分に出た、演奏会になったと思います。
 また、今回のツアー4会場、どこも満員のお客様、特に、北九州はPiano Bar「Birdland」さんのご協力により100名を超えるお客様、また博多「ニューコンボ」も、共同で主催してくださったSさんのご尽力もあって、こちらも超満員。本当に、ありがとうございました!
 さてさて最後に・・・山陽小野田「やよい」に早めにお店に来られた常連さんのひと言・・・・
「あれ〜のもっちゃん、足どうしたの?とうとう痛風になった〜?」   あのー、確かにそんな感じの生活してますが、マラソンです・・(涙) さてこれを機に、本当に運動を続けると良いのでしょうねー(他人事っぽい・・)でも、ちょっと考えてみようと思いましたよ〜!
 今回もたくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございましたー!また皆さま、是非聴きにおいでくさい ♪
posted by S.Nomoto at 20:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年03月02日

2月11日 周南市「Herb」

CA1H1FUQ.jpg
 この日は、バレンタインライブということで、周南市のCaffe e Panino「Herb」へ。記念すべき「Herb」初ライブに呼んでいただきました。
 初ライブとあって、店内満員のお客さんもとても新鮮な眼差しで、こちらもとても楽しみ・・・
1st setは、Solo Piano Live〜ピカピカのグランドピアノで、弾かせていただきました。
2nd setは、地元のミュージシャンとのセッション。もちろん、名曲「My Funny Valentine♪」もやりましたよー。
 このCaffe e Panino「Herb」、パンが美味しいことで有名、またカフェの方もコーヒーやフード、インテリアなどさりげなくこだわっていて、こんな場所でのコーヒータイムは贅沢なひと時だなーと思いますね♪みなさんも、是非一度どうぞ〜
 今後も周南の文化発信の拠点としても、機能していきたいということで、そちらもお楽しみに・・・楽しいライブ、みなさんありがとうございました。
posted by S.Nomoto at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年02月13日

「with 田部俊彦(Ts)2Days」

swing-2012-02-08T17_23_44-1-thumbnail2.jpgDSC_0036.jpg
 2月4・5日は、九州を代表するSax奏者、田部俊彦さんとの2Days Live。
田部さんとは、私が大学のJazz研究会に所属していた時からのお付き合い・・・ざっと20年以上前の話です。当時、学園祭に来ていただいたり、時々は学生の私を演奏の仕事に使っていただいたこともありました〜 時が経つのは早く、その時の田部さんの歳をとっくに追い越しております。
 ミュージシャンの仕事は、昇進や転勤や配置換えなどの区切りがなく、日々同じことが繰り返されていくからでしょうか、あっという間に時が過ぎていきます。それでも、毎日がチャレンジで、時折あたらしい境地を体験したり、本人にしかわからない喜びも多く、芸術家であり続けられることは、幸せなことだなと感じています。
 さて、初日、熊本「酔ing」ではDuo、二日目、久留米「アフターアワーズバン」ではカルテットで演奏しました。「酔ing」はさすがに、Sax関係のお客さんが多く、3rdセットはジャムセッションも行いました。「アフターアワーズバン」では、北九州カルテットによる小倉サウンド ♪ いつになく、お客さんとも打ち解けた感じ、一体感のある楽しいライブで、大変盛り上がりました〜 Live終了後も、たくさんの方といろいろ話すことができ、充実の一日でした。
 選曲的には、ほぼコマーシャリズム無しの、Jazzの玄人路線でしたが、野本・田部・小車・亀井のメンバーでしかできないサウンドが出ていて、とても手ごたえを感じます。Jazzの美味しいとこを、理解し共有できるメンバーと演奏するのは本当に楽しい事で、それによって表現も、もう一歩前に踏み込めます。Jazzのパワーを再認識した楽しいLiveでしたー。お越しいただきました皆様、どうもありがとうございました!
posted by S.Nomoto at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年02月07日

「2012/1月後半の活動報告」

 1月21日は、北九州「Studio106」にて、ヴォーカル山口葵さんとのDuo。珠玉のスタンダードナンバーを中心に、じっくり聴いていただきましたー。
真摯にJazz Vocalを追求してきた、葵さんの誠実さの表れた、とてもいいStageだったと思います ♪ナチュラルなトーン、グルーブ感・・・ そして途中、程よくユーモアもあって、私もリラックスして演奏できましたー。またの機会を楽しみにしております。
 そして、翌22日は小倉駅前、我が「Swing & Soul」StudioでのLive Partyです。友人のフラメンコダンサー細見晶子さんの企画で毎年、行われております。今年も20名ほどのお客様がお越しになり、絶品お料理と共に、私のSolo Pianoを聴いていただきました。綺麗なお花も頂いたり、ワインやら、ケーキやらで、我がスタジオが一年で一番華やかな時間です。
 パーティも終盤になって、細見さんのお弟子さんを中心に、今年もスタジオのベランダ!?でフラメンコを踊りました〜この日はとても気温の低い夜でしたが、これがまた、変なことをしている気分を盛り上げ、みんなハイテンション!目の前をモノレールが行きかう中、本当に都会の不思議スポットでしたー!
 1月26日は、小倉北区の足原市民センターにて、ブックネットワーク北九州の仲紀子さんと、「詩とJazzピアノの対話」というタイトルで公演にうかがいました。この市民センターを中心に、地域交流を目的に出来た「サロン足原」の記念すべき第1回のイベントです。90名近い方がお越しになり、朝の10時半から、とても和やかな会でした。
 「午前10時の足原サロン」の看板に、「午後10時は得意なんですが・・(笑)」なんて話もしながら、途中Jazzのお話もさせてもらって、楽しい1時間でした。久しぶりのお客様から話しかけていただいたり、思いもよらずCDもたくさん買っていただいたりで、本当にありがとうございます。豊福館長さん、スタッフの皆様、大変お世話になりました。またお会いしましょう ♪
posted by S.Nomoto at 10:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年01月18日

「八代まちなか音楽祭」プレミアムコンサート

CA3J00620001.jpg
 1月15日は熊本県八代市の八代厚生会館にて、「八代まちなか音楽祭」第10回記念プレミアムコンサートに出演しました。出演は豪華に6グループ、クラシック、フォーク、ジャズ、ラテンなど多彩なジャンルの大変華やかなイベントでした。
 私は「野本秀一Trio」にて、唯一のインストゥルメンタルなバンドとして出演〜オリジナルの「Bartender Blues」やスタンダードソングを演奏しました。
 中でも、以前わたしの「子供さん向けプログラム」での演奏会を企画してくださった、実行委員さんからのたってのリクエスト、「この日はチビッ子も大勢来るので、是非、野本さんの鍵盤ハーモニカを1曲入れてほしい〜」
 〜ハイ、やりました ♪ ・・・実は何を隠そうこの楽器はとても好きなのです。もちろんアルトサックスが出来たら一番なのですが・・・
 自己満足かもしれませんが、わたしの音楽のスタイルは、とてもこの楽器に向いていると思っています。ピアノのどんなにうまい方でも、鍵盤ハーモニカには音楽のタイプが合わない方が殆どです・・・まあアルトサックスが出来たら一番ですが・・・(笑)
 あと、ギターも好きですねー。高校までギターをやっていたんですけれど、「く〜ん♪」とチョーキングとまでいかない位の音の変化をつけると、自分自身で、とても納得できます・・・(笑)
 まあ、どうでもよい話は置いといて・・・・「Fly Me To The Moon」をやりました ♪ そしてこの曲は、私の若き生徒、立山大貴くん(中2)がピアノを担当。地元の熱い声援の中、いいリズムとタッチを披露していましたね。
 クラシックピアノはかなりのレベルの大貴くん、Jazzには最初かなりの戸惑いを見せておりましたが、少し扉が開けたようです。もともと「表現する」という事において、立派な肝っ玉を持ち合わせているので、これから皆が通ってきた努力を経験すれば、必ずや素晴らしいミュージシャンになると確信しております。
 他の出演者の中では、東京から来られたラテンピアノトリオ「Triangulo(トリアングロ=トライアングル)」のハイレベルな演奏が、とても印象に残りました。北九州出身の仲の良い友人で、Jazzクラリネットの第一人者「谷口英治」氏とのコラボレーションアルバムもリリースされていて、とても興味深く聴かせていただきました〜
 このように市民と密着した、ハンドメイドの音楽祭・・・つめかけたたくさんのお客様、とっても温かい拍手で、各出演者も、心から楽しいステージだったに違いありません。このイベントがずっと発展、継続されることを本当に願っております。
 企画スタッフの皆様、お疲れ様でした。そしてイベントを応援してくださった皆様、どうもありがとうございましたー!
posted by S.Nomoto at 01:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動録2012