What' New

2013年01月09日

2012,12月の活動報告(後)

IMG_3684.jpg
 12月後半は、クリスマス関係の演奏、そして忘年会、年越しイベントと、仕事とともに飲むのも大忙し〜(笑)あっという間に年を越してしまいます。
 12月23日は、今年も熊本市の老人福祉施設「聖母の丘クリスマスコンサート」に伺いました。ご家族の方も含めて200名以上の大お食事会。演奏していると、お好きな方は、ステージ周りに集まって来られて聴いていらっしゃいましたねー。みんなで「きよしこの夜」を一緒に歌いました ♪
 12月24日クリスマスイブは、福岡市の日航ホテルのメインBAR「夜間飛行スペシャルエンターテインメント」として、福岡出身のヴォーカリスト陽香(Haruka)さんとのDuoで演奏しました。Soulナンバー、オリジナル、Jazzナンバーを垣根なく歌いこなす素晴らしい歌唱力、私が普段演奏しないようなSoulナンバーや、オリジナル、クリスマスメドレーなど、譜面が少し厄介でしたが、本番はとても良い雰囲気でしたねー♪お客さんもとても喜んでいて、アンコールの声もいただきました〜
 12月29日、熊本「酔ing」、今年最後のJam Sessionの日。・・・大変な人出、Sessionに参加するミュージシャンを捌くだけでも一苦労でした。聴きにこられた方も多くて、いい締めくくりになりました ♪ 熊本Bossa & Jazz Clubの皆さんもどうもありがとうー!今年もたくさん楽しませていただきましたね。来年もよろしく〜
 12月30日は、恒例の野本スタジオ「Swing & Soul」忘年会。たくさんの料理、お酒、たこ焼き大会、歌、演奏、お笑い・・・深夜は泊まり組でトランプ博打!?になりましたね。よく遊んだー
 12月31日、連日の盛り上がりで、かなり勢いついています(!?)北九州→熊本に移動して、今年最後の大はしゃぎ「酔ingカウントダウンLive & 紅白歌合戦」。今年も白組キャプテンとして、お決まりの白スーツ!年に一度の出番、くれぐれも言っときますが、好きで着ている訳ではありませんから〜(笑)
 今年もトップバッターで歌いました。曲は去年のリベンジ「ステラ・バイ・スターライト♪」今年はちょっと練習してたので、まあまあでしたーyeah!何故かみんなから、「ちゃんとしすぎて、いまいち面白くない・・」と意味のわからないケチをつけられたりしましたが・・・一体みんな何を期待しとるんじゃー!(怒)
 普段楽器を演奏する面々が、いろいろ個性的に歌っていて、見ていてとても微笑ましく思いました。そしてそして・・・白組には隠し球、Popsを熱唱して、その場でステージから彼女にプロポーズ!するつもりの男性がいらっしゃって、さあその女性の返事は・・・
「OK ♪」パンパカパーン、おめでとう・・・よかったね!!
 これもあって、厳正な審査の結果、今年は白組が勝ったとさ〜 どーも、ありがとう!!
 0時にみんなでカウントダウン、「Happy new Year!」そして演奏で盛り上がり、12:45から店を閉めて、お客さんたちと20名程で加藤神社へ初詣へ。私は白スーツで連れて行かれました、ギター隆介氏は青タキシード、まるで吉本興業です・・・記念写真、前列、チビッコたちも一緒にパチリ。
 おかげで、今年もみんな揃って、良い正月を迎えられましたー 今後ともよろしく!音楽で目一杯、楽しみましょう ♪
posted by S.Nomoto at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012,12月の活動報告(前)

2012_12_13_21_04_47.jpgswing-2012-12-20T15_34_08-1-thumbnail2.jpg__ 3.JPG
 今年も忙しかった12月、活動報告です。
12月前半(12/8〜14)は、この時期毎年恒例になった、岡安芳明(Gt)氏との一週間のツアーがありました。
 周南市「OMスタジオ」での毎年恒例クリスマスLive。アットホームでリラックスしたクリスマス会、美味しい料理もいただきました♪
 同じく周南の「Oscar14周年記念Live」。14周年おめでとうございます、素晴らしいオーディエンス、Jazzの空気が充満する店内、いいLiveになりました。
 山陽小野田「やよい」はカルテットで〜同じメンバーの、前月のNHK-Session2012収録を彷彿とさせる演奏内容、ツアー直前に亡くなられた偉大な作曲家・ピアニスト、デイブ・ブルーベック氏を偲んで「Take 5」「In Your Own Sweet Way」も演奏しました。
 小倉「バードランド」、入りきれないくらいのお客様、たくさんお出ていただきありがとうございました。窮屈ですいませんでした。〜でも演奏は、とてもご機嫌でしたよ♪
 久留米「スモーキー・ルースト」、仲良しのマスター、お客さん。こういう場所でLiveできることは、とても幸せなことです。いつも、ありがとう!
 熊本「酔ing」、岡安さんとのDuoは長年の積み重ねで私の中では特別なものになっています・・・そしてそれを期待してくださるお客さん、充実の最終日になりました。ミュージシャンも多くて、みんなで遅くまで飲みました♪次のツアーは5月の予定です。お楽しみに〜

 さてそれ以外も、楽しい演奏会がたくさんでしたよ。
12/2、熊本を拠点に活動している松本けい子(Vo)さんのLive。久しぶりの自主企画ライブということで、本人もお客さんも期待度大〜会場「アフロブルー」いっぱいのお客さん、とても楽しまれていましたね。Jazzの魅力も十分表現できて、我々も楽しいLiveでした。
 12/5は、小倉南区の老人福祉施設「春吉園クリスマスコンサート」へ。こちらも毎年毎年の恒例行事〜みなさんにお会いするのが本当に楽しみ、気分はほとんど身内になっています。たくさんの方と握手させてもらいました。また、来年お会いしましょう、元気にいてくださいねー
 12/15は、こちらも恒例となった北九州「ギャラリー雛蔵クリスマスLive」。この日は、私もお客さん達にまじって、食事とお酒をいただきながらの演奏でした。ちょっと酔っ払っての演奏でしたが、「今のが今年一番、上手かった!(笑)」などと、オーナーやお客さんから冷やかされたりしながら、楽しく演奏しました。毎度のことながら、料理・ワイン、美味しかったー
・・・後半へ続く
posted by S.Nomoto at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年12月20日

NHK-FM「Session 2012」明日On Airです♪

是非、皆様お聴きくださいー♪
NHKラジオのホームページより、番組紹介文〜
「セッション2012 −野本秀一トリオ Featuring 岡安芳明−
21日(金)前10:00からの『セッション2012』は、当初16日(日)にお送りする予定でした「野本秀一Trio Featuring 岡安芳明」を放送!
ビー・バップに根差し、また個性的なプレイ・スタイルで、聴く人の心を魅了している九州在住のピアニスト、野本秀一。スゥイング感、そしてファンキーなスタイルでありながら、語りかけるような野本独特のプレイは、共演した国内外のミュージシャンからも厚い信頼を寄せられています。今回番組では、野本が率いる九州在住のレギュラー・トリオと、日本ジャズ・ギタリストの筆頭とも言える岡安芳明が共演、魅力的なステージをお届けします。どうぞお楽しみに!」

【演奏】野本秀一(ピアノ)、小車洋行(ベース)、亀井俊児(ドラムス)、
     岡安芳明(ギター)
【案内】濱中博久アナウンサー

「C Jam Blues」 (2分30秒)
「Song For Horace」 (9分48秒)
「The Breeze And I」 (7分10秒)
「All The Things You Are」 (野本秀一トリオ)(11分34秒)
「The Waves of Amakusa」 (野本秀一トリオ)(6分10秒)
「All The Way」 (野本秀一トリオ)(5分05秒)
「Bartender Blues」 (7分44秒)

〜NHKふれあいホールで収録〜
<2012/10/25>

posted by S.Nomoto at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

NHK-FM「Session 2012」収録 at 渋谷NHKふれあいホール

セッション2012.jpg
 NHK-FMの人気Jazz番組、「Session2012」に出演のため、東京へ〜。
「野本秀一Trio Featuring 岡安芳明(Gt)」での出演です。
 10月25日のLive収録日に先駆けて、24日は浅草の「Soultrane」で演奏、また収録翌日はさいたま市「Jazzまる」に出演、移動日も含めて5泊6日のツアーでした。
 さて「Session2012」〜
この番組、60分強のLiveをお客さんを入れた状態で収録、60分の番組枠で放送されます。
ということは・・・MCも含めて、ほとんどそのままのLiveの模様が流れるということ〜
ん〜なかなかタフな番組です・・。
 14:30に渋谷NHK入り、サウンドチェック、リハーサルと続き、濱中博久アナウンサーの若干のインタビュー取材などを受け・・・さて本番収録は19:00から、番組テーマ曲の「C Jam Blues」でスタート♪
 お客さんは「ふれあいホール」満員の約300人、時間調節のことやMCのことなど、いつものLiveよりも少し考えることが多く、最初はちょっと気持ちが落ち着きませんでしたが、演奏をしているうちにいつものペースへ♪MCも結局、いつものMCだったように思います(笑)九州弁だったかも〜
 お客さんの反応もとてもよくて、Liveとしては、とても盛り上がりました。オリジナル曲の「The Waves of Amakusa」を演奏したりして、九州から来たピアノトリオに、客席のJazzファンから、声援や惜しみない温かい拍手をたくさんいただきました。どうもありがとうございました!
 また、九州からの応援団や、東京の知り合いなど20名ほどが会場に来てくれて、それもとても心強かったですねー。ありがとうございます。
 我々を九州から呼んでくださった、ディレクターさんや濱中アナウンサーも、我々のCD「Now We're Funkin'」を、よく聴いてくださっていて、演奏後も「とてもストレートでよいJazzを聴かせてもらい、いつになくお客さんの反応も最高でしたよ!九州からわざわざ来ていただいて本当に良かったー」と感想を言ってくださいました。嬉しいー
 ・・・さて、録音はどうでしょうかね〜?我々もOn Airで初めて聴くことになります。楽しみです。
 録音の結果が良くても、良くなくても、今のできることをストレートにやったという意味で納得のいく演奏会だったし、よい経験でした。普段は九州を拠点に活動している我々、普段通りの我々のサウンドを自信を持って披露してきました。それが、オリジナリティーがあって、且つ、Jazzの素晴らしさを十分に持ち、そしてJazzマニア以外の方へも伝わっていく、シンプルで温かくて、美しくて、楽しい・・・そんな音楽ができたらと思っています。
 こういう活動ができているのも、いつも応援してくださる皆さんのおかげです。本当に感謝致します。
 また、小車、亀井の素晴らしい両名のミュージシャン、長年いろんな面で、インスパイアを与えてくださる日本を代表するギターリスト岡安さん、今回も本当にありがとうございます。今後の我々のサウンドの発展を楽しみにしています。
 さてさて、皆様、本当にありがとうございました〜。是非、On Airをお楽しみに!

12月21日(金)午前10〜11時 NHK-FM「セッション2012」
〜NHKふれあいホールで収録<2012/10/25>〜
【演奏】野本秀一(ピアノ)、小車洋行(ベース)、亀井俊児(ドラムス)、岡安芳明(ギター)
【案内】濱中博久アナウンサー
posted by S.Nomoto at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年11月26日

10/15〜21「三槻直子Duoツアー」おめでとう!

swing-2012-10-25T16_56_11-1-thumbnail2.jpg
 10月15〜21日は、素晴らしいJazz Vocalist三槻直子さんとのツアー。
ツアー初日にうれしい知らせがあり、なんと三槻さん、Jazz World誌の本年度「Jazzボーカル大賞」に決定したとのこと〜素晴らしい♪おめでとうございますー。
 私の私見ですが・・・昨今、本来のJazz Vocalの持つ良さを表現する事で、勝負できている歌手の方って、本当に少ないなーと感じています。エラ、サラ、カーメン、アニタ、ナットキングコール、シナトラ、メルトーメなどなど、Jazzというスタイルにおいてしか表現しえないテイストあります。
 しかし今は、ワールドミュージックの時代・・・Jazzのボーカルものも大半は、自然にSoulやPops、Rock、GospelなどがMixされたスタイルになっている場合が多く、もちろん、それがカッコよくファッショナブル、パワフルで良い面もありますが、逆に芯からのJazzらしさこそが、希少価値になりつつあります。言葉では表現しにくい、空気感や肌触りの話ですが〜
 ・・・そういう意味で、三槻さんはまさにJazzファンを納得させるJazz Vocalistです。長年自分のスタイルを貫き、そこにこだわって地道に表現活動をされてきた結果の受賞だと思い、私もJazzを心から愛する者として、とても嬉しく感じましたー♪
 〜さて今回のツアーは、ワークショップが一日、Duoが4日間、Trio伴奏が1日、観光が1日(笑)という内容でした。(北九州「Studio 106」ワークショップ、博多「リバーサイド」、北九州「木の実27周年記念」、熊本「酔ing」、北九州「ギャラリー雛蔵」、山陽小野田「やよい」)
 毎年の恒例「木の実」さんの周年記念ライブは、本当にいつも楽しみの心温まるライブになりましたし、「酔ing」ではJazzボーカルをこよなく愛する多くのファンに聴いていただきました。「ギャラリー雛蔵」では、素晴らしい夜景をバックに最高の雰囲気、打ち上げのお料理も美味しかったー。「やよい」ではTrioの伴奏で、我々もお客様も納得の、盛り上がったライブ。打ち上げは大宴会に〜。
 今回も本当にたくさんの方に聴いていただき、また私の、NHK「Session 2012」出演への期待のエールもたくさんいただきました。ありがとうございますー。
 なんとなく、全体を通して、お祝いムードだった今ツアー、皆様のおかげでとても充実したものになりました。ありがとうございました〜♪
posted by S.Nomoto at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年11月08日

安心院高原「合同キャンプ2012♪」

CIMG2282.JPGCIMG2267.JPGIMG_6723.JPGIMG_6737.JPG
 10月7・8日の2日間、今年も「熊本Bossa Nova Club」・熊本「酔ing」・「Swing & Soul」の合同キャンプVol.4に、大分県安心院高原に行ってまいりました。東京、山口、福岡、大分、熊本などから、約30名参加の大所帯です〜
 初日は安心院葡萄酒工房の「新酒祭り」Jazz Dayで演奏したあと、場所を変えて、バーベキュー&ジャムセッション。食事班の頑張りで、バーベキューといえども、立派な料理。美味しー♪安心院ワインはもとより、お酒がじゃんじゃん進みます。そして、食事が一段落したあたりから、Let's Show Time!
 ・・・いやぁー今年もお腹の底から笑わせていただきました。内容はとても言葉では表現できません。芸達者の皆様方、ありがとう!
 ワイナリーからプレゼントしていただいたワインの抽選会や、各賞の表彰、野本秀一賞ではRACICU(ラシク)さん制作のオリジナルTシャツをプレゼントさせていただきました。「ピアノ&指」をデザインしたお洒落なTシャツですー。
・・・とにかく楽しい大宴会、まだの方は是非とも一度体験を〜
 そして翌日は、みんなで観光ツアー、日本の滝100選「東椎屋の滝」、そしてジャングルバスを貸し切って「アフリカンサファリ」。いつも演奏場所でしか合わない面々ですが、違う場所で会うのも新鮮で楽しいものです。
 2日間本当に、よく演奏し、よく食べて、よく笑い、よく遊びましたー。帰りはヘトヘトだったけど、心は随分リフレッシュされた様に思います。みんなどうもありがとう!また、よろしくねー
posted by S.Nomoto at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年11月01日

10月7日 安心院葡萄酒工房「新酒祭り2012」

CIMG2229.JPG__ 20001.jpgCIMG2224.JPGIMG_9470.jpg
 10月7日は、野本秀一Swing & Soulにて、大分県安心院町、安心院葡萄酒工房の「新酒祭り」に出演、またその日は「野本秀一Produce ”Jazz Day♪”」ということで、計6回のステージをセッティング致しました。昨年も出演させていただきましたが、「皆様に、とても好評だった〜」とのこと・・・
今年は3日間中、最も人出が予想される、中日を頼んでいただきました。
 ・・・ということで、実際に大変な人出 ♪天気にも恵まれ、秋の装いの安心院高原の緑が目に美しく、本当に気持ちのいいワイナリーです。ワインの試飲を始め、工場見学ツアーや大分の物産グルメ、そして芝生のステージ〜
 昨年と同様、「熊本Bossa Nova Club」、熊本「酔ing」、「Swing & Soul(私の事務所)」の合同キャンプと同時進行ということで、キャンプに参加のアマチュアミュージシャンの方々にも、ステージを手伝っていただきました〜。実際、昨年のステージの楽しげな様子を偶然見かけて、私のところにレッスン希望に来た方もあったりしたほどで〜今年もまたプロ・アマ入り乱れての和気あいあい楽しいステージングでお送りしましたよ♪
 我々も、仕事とは言いながら、とても癒される空気、長時間のステージも、終わって何か清々しさを感じました。たくさんのスタッフの皆さん、お疲れ様です・・・どうもありがとうございました〜。頂いたワインも美味しかった!また、来年を楽しみにしておりますね ♪
 さてさて、これから夜の大宴会へと続くのであります・・・
posted by S.Nomoto at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

9月29日 周南市「Herb」

__0001.jpg
 山口県周南市の、お洒落なカフェレストラン「Herb」にて、野本秀一TrioによるLive ♪
以前、お店がグランドピアノを購入した際の、初Liveで呼んでいただきましたし、時々こちらでレッスンをしたりもしていて、普段からとても親しくさせていただいております。店内には、出来たてのパンを販売するスペースもあって、とても評判のようですよ〜♪
 さて今回は、私のレギュラーTrioによる演奏・・・考えてみると、普段は何かしら、ゲストを交えての演奏が多いので、自分のTrioでの演奏は逆に楽しみです。オリジナルナンバーも含め、少し込み入ったアレンジの曲もやりましたー。プログラムや構成も、その時の空気で自由に変化が可能なので、リラックスとスリリングがいい具合に混ざったJazzらしいLiveが出来たと思います。
 今まで何度も私の演奏を聴いてくれている、常連のファンの方からも、とても好評をいただきました。バンドの表現に関する信頼関係、じっくり表現していく自信、自然体で変化していく空気・・・などが、めずらしく(笑)「とてもお洒落だった〜」などと言われたりして、うれしかったですねー。
 お客さんも、とてもナチュラルな感じで聞いていただき、気持ちのよいLiveでした・・・こんな感じの活動がどんどん広がっていくと良いですね。来月のNHK-FMラジオ出演も、こんな感じで表現できたらよいなー。楽しみです。
 お越しいただいた皆様、スタッフの方々、お世話になりました。どうもありがとうございました♪
posted by S.Nomoto at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年09月21日

「北九州Jazz Express 2012!!」

TS3V0113.jpgTS3V0110.jpg
TS3V0118.jpg120915_1912~01.jpg
 9月15日、今年もやってきました、北九州Jazzの祭典!北九州ミュージックプロムナード「Jazz Express 2012」。今年で6回目の開催です。(at 井筒屋パステルホール)
 今年は日程が土曜日になり、Liveは4時間の長丁場、出演バンドも6バンドと、さらに豪華に〜
熊本から友情出演の「熊本Bossa Club Band」や、九州が誇る社会人ビッグバンド「ニュー・アベベ・オールスターズ」なども出演、本当にバラエティーに富んだ内容でお送りしました。
出演6バンド;
「熊本Bossa Club Band」「亀井俊児(Ds)Trio with 井上有(Vo)」「渕上貴大(B) High-Tech Syndicate Featuring Miki(Fl)」「ニュー・アベベ・オールスターズ」「柿原正洋(B)Trio with 和田いづみ(Vo)」「野本秀一(P)Trio Featuring 田部俊彦(Ts)」
(At 井筒屋パステルホール)
 台風の接近で北九州は注意報がでるなど、かなりの雨模様・・・。客足が心配されましたが、なんのその、過去最高の動員数を記録しましたー。ありがとうございます。
 「Jazz Express」の紹介ですが・・・6年ほど前、年々景気が悪く、Jazzイベントも赤字が多くなって、中止に追い込まれるイベントが多い中、「北九州のプロミュージシャン中心のJazz Festivalを存続させたい」という趣旨に賛同、協力してくれる有志によって、始まりました。毎回、出演のプロミュージシャンも、手弁当でチケット販売に協力いただいていて、そういう意味においても、最も北九州で価値のあるJazzイベントだと思っております。
 また夏のこの期間、北九州市では、「北九州ミュージックプロムナード」という、街の活性化のため、官民一体の音楽のお祭りの期間になっていて、プロムナード事務局さんの協力、連携を取りながら行っております。また、草の根運動の「守恒音楽事務局」さんや、各ジャズスポットさんなどにもご協力をいただいております。
 6回目の「Jazz Express」、いらっしゃったお客様の感想も大半は良くて、毎年楽しみにしてらっしゃるというようなコメントをたくさんいただき、とてもうれしく思います!
今のところ、なるべくシンプルな音楽イベントでありたいということ、なるべく出演のミュージシャンに手厚くしたいことなどで、もろもろのことがとても簡素な感じですが、これも今のところの方向性として納得しております。
逆に、音響などは、迫力よりも、できれば生音に近い感じで出来たら良いし、照明や司会進行、演出なども、必要最低限で、純粋にミュージシャンがステージに上がって演奏することだけで本来は良いと、基本的に思っております。もちろん、今後はいろんな面で充実させていけたらと考えますが・・・
 さて終了後、Piano Bar「Birdland」で行われた打ち上げ、ミュージシャンいっぱいの店内では、次々とセッションが続き、楽しい交流が生まれておりました。20代のミュージシャンも多くて、楽しそうに盛り上がっているのが、さわやかな印象でした。先輩(おやじミュージシャン!?)は大体、こういう時にグチグチ言って、嫌がられるものです・・・が、我々バンド業界、それもまた一興で(笑)、思ったことはじゃんじゃん言いつつ、まぁーみんなで盛り上げましょうー♪
 本当にたくさんの方に応援いただいて、ありがとうございました!出演者一同、感謝いたします。また、来年をお楽しみに〜Live会場で、またお会いしましょう ♪
posted by S.Nomoto at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年09月19日

「善興会夏祭り」2012

b.JPGc.JPG
 8月25日、ツアーの合間を縫って、今年も八幡西区の老人福祉施設「第三善興園」さんで行われた夏祭りに参加してまいりました。天候にも恵まれ、お祭り日和〜今年も皆さんからのリクエストで、懐かしのJazzナンバーに加えて、童謡や美空ひばりなどを演奏。ダンスタイムもあったりして盛り上がりました ♪
 メンバー一同、盆踊りにも参加〜。リズム感いいはずの我々、「炭坑節」を踊っていると・・・ただの人でした。ヒョコヒョコ〜
 園の方々の優しさいっぱいの手作りの夏祭り・・・最後には、花火も上がって、夏の終わりを告げる郷愁を誘いますー。
 さあ、これから秋!おかげさまで、今年は忙しくて、イベント盛りだくさん。楽しみながら、頑張ります!「善興会」の皆様、どうもありがとうございました。また、来年お会いいたしましょう ♪
posted by S.Nomoto at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年09月18日

野本秀一Trio「Summer Tour 2012」

__ 1.JPGe.JPG
IMG_6444.JPG
 8月22日から26日にかけて、恒例の夏のツアー。ドラムはおなじみ、N.Y.からスペシャルドラマー田井中福司さん。前回のツアーから半年ぶり、長年のツアーの積み重ねで、演奏の方はほぼリハーサルは要らないほど〜Just Playin'♪
 周南市「キーストン」は、いつものようにオーナーもノリノリで、パーカッション参加するなど盛り上がりました。打ち上げも大盤振る舞いー(笑)
 北九州門司港レトロ「マリーゴールド迎賓館」、ディナーショー形式でのLive。雰囲気の良さ、食事もとても美味しく、皆さん大満足。「また次も声かけて♪」との声も多くいただきました。主催していただいたPiano Bar「Birdland」さん、ありがとうございました。
 別府では、Sax安波さんのセッティングで、昔の映画館をホールにした「ブルーバード会館」にて。レトロさがとても非日常空間で、それこそ映画のセットみたい。良い響きのホール、ちょうど良い広さで、100人くらいのお客様を前にノーマイク、生音でやりました。
ゲストにSax中村誠一さん。お客さんも持ち込みのお酒を飲みながら、盛り上がってましたね〜。
それと、高校時代の同級生も聴きに来てくれて、本当に久しぶりなので、ちょっと照れくさかったですねー。
 一日、どうしても外せない仕事があって、ツアーを抜けましたが、最終日の日曜日は久留米「アフターアワーズバン」。最近、久留米が最終日になることが多く、いつも温かく迎えてもらっています。いつものように、温かい野次(笑)やら、MCにも絡んでくるし、アンコール終わってもヤメさせてくれないやらで、本当にありがとうございます・・・謹んでオリジナル曲「Bartender Blues」やらせていただきました(笑)
 そんなこんなの今回のツアーでは、「Duke Ellintonメドレー」をやりましたね・・・最初は、行きあたりばったりでしたが、最後には、なんとなく組曲風な形になってきました〜楽しかった。
 このTrio、どんどん自由にやれるようになってきたと感じています。もっと長いことツアーしたいと思いましたー。また、次をお楽しみに♪
posted by S.Nomoto at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年08月08日

7/27〜29 「谷口英治(Cl)Duo」3Days

__ 5.JPGIMG_8248.jpg__ 4.JPG
 7月27〜29日とクラリネットの第一人者、谷口英治氏と3日間のツアー。同い年、北九州の出身ということもあって、数年来の大事な友人です。そして一番は、なんといっても音・・・Jazzはもちろん、映画音楽、また吹奏楽など幅広いジャンルを、とてもナチュラルに奇をてらわず、音楽的にアプローチする姿は、とても素晴らしいと感じます。彼はデューク・エリントンなどのフルバンドや、ウエストコーストのJazzにたいする造詣もとても深く、そのスピリッツを表現できる数少ない日本人だと思います。
 私のJazz表現のこだわった部分も、とても良く理解してくれて、きっと他には無いようなアンサンブルになっているのでは?と毎回楽しみです。ツアー中に彼がステージでふとつぶやいた一言、「ところで〜 のもやん みたいな音は殆ど東京では聞かないんだけどさ、どうしてそうなっちゃったの・・・?(笑)」アリガト・・褒められたと思ってます〜
 〜さて今回のツアー初日は北九州「Studio 106」。主催の守恒音楽事務局さん、谷口ファンの地元フルバンドのメンバーの方々、大分の中津や宇佐、また山口からも来ていただいて、とても賑やかな楽しいコンサートになりました。
 2日目は、熊本のイベント「Street Art Plex」。街のストリート上に上質な芸術活動の場を持って行って、街を盛り上げようという趣旨・・・年に一度のJazzの特集です。我々はクラリネットとのDuoということもあって、屋内の現代美術館のギャラリーでの演奏でした。とても素晴らしいオーディエンス、応援に来てくれたたくさんのファンの皆様、最後にはあたたかいアンコールまで頂き、楽しく演奏できました。ありがとうございます。
 ストリートに鳴り響くJazzサウンド、数々のバンドが市街中心部各所でエネルギッシュな演奏を繰り広げ、街はお祭りムードでした〜今後のイベントの、さらなるご発展を期待いたします。
 3日目は山口県周南市でのホームコンサート。さらに私のレッスン生の交流会も兼ねての、ミニセッションもありました。熊本のイベントのサブテーマが「セロニアス・モンク没後30年メモリアル」だったこともあり、2日間はそういった選曲を多くやりましたが、この日はうって変わってクラリネットの名曲や映画音楽などを多くやりました。谷口氏の素晴らしい音色が、聴衆を魅了してましたよー♪
 3日間のツアー、移動中に二人で、音楽の話、活動のこと、日常のことなどいろいろ話をしましたが、とても興味深い話になったりして、楽しいツアーでした。洗足音大のJazz科の教授でもある彼、ツアー中、いろいろ質問をしたいクラリネットファンや学生などに、とても丁寧に対応していて、感心しました。
・・・さてさて、またのツアーが楽しみですね。ご来場のお皆様、どうもありがとうございまいした。次をご期待くださいー ♪
posted by S.Nomoto at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年08月03日

7/25 守恒中音楽部サマーコンサート2012

120725_1445~01.jpg
 2005年から、時折指導に伺っている小倉南区の守恒中学校の音楽部。中学校では大変珍しいPops、Rockをやる部活です。
 この部活の難しい点は、ドラムセットなどの機材や、練習部屋の数のこと、またそれぞれのバンドの音が大きいため、一度にバンド練習できる人数に限りがあることでしょう。吹奏楽部のように、全員でアンサンブルなんてことも、できません・・・
 私が伺った当初は、ドラムセットも一台しかなかったので、バンド練習していない生徒は、ぶらぶら暇を持て余している感じでした・・・。当時、仲の良かったご父兄から頼まれて、「野本さん、ちょっと名前貸して〜。ちゃんとした指導者がいなくて廃部になりそうなのよー」ということから始まったご縁でしたが、最近はきちんと部活として機能、年数回のステージに向けて、それぞれが楽しんでいるようです〜
 さてその中でも、一番のステージがこの「サマーコンサート」、中学校の中庭で行われます。私は毎年、音響担当でお手伝い。野外ステージなので毎年、通り雨を心配しながらの作業ですが、今年は本当の快晴で、その心配は全くなし〜でも暑すぎて熱射病にならないようにしないと・・・
 野外ステージなので、私のワゴン車に載せられるだけの目一杯の機材を積み込み、生徒に手伝ってもらいながらセッティング。何か私の中で、年に一回の、自分持っている音響機材の、総チェックのような位置づけなってきました(笑)
 今年の3年生は、最初からなんとなくバンドごとのチームがあって、ひとつにまとまらない感じでしたが、3年経ってみると、それぞれが楽しく交流して、結果とてもいい雰囲気になりましたね。音楽を中心にそれぞれが自分のカラーを出しながら、練習を楽しめている様子、部長、副部長さんをはじめ、音楽部はいいメンバーに恵まれていると感じますよ〜今年の学年は、3年間だれも、部活を途中で辞める人がいなかったそうで、とても嬉しく思いました。
 ステージも、中学生らしさのあふれた、さわやかなステージでとても良かった〜私の性格でしょうか、過剰な演出は嫌いな方で、さっぱりしたステージが好きなのですが、そんな親しみの持てる中学生の等身大のコンサートでした。もちろん、演奏内容もとても上達してましたよー。中学生にはとても難しい曲も、工夫して何とか形にしてました〜立派 ♪
 さて3年生はせっかくバンドの演奏が楽しくなってきた所で、残念ながら、これを機に受験へとシフトしなければならないようですが、それでもちょくちょく楽器を触りに来てくださいねー。どうせずっと勉強するなんて無理でしょうから(笑) 生活の息抜き、潤いのために音楽はあります〜
それでは、お疲れ様でしたー(先生は機材運びで、4〜5日腰が痛い・・・)
posted by S.Nomoto at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年07月05日

6月20〜23日ツアーwith岡安芳明(Gt)

120623_222149.jpg120620_2035~02.jpg
 先々週、兵庫県内をDuoで3Daysツアーしましたが、今回は九州方面。
山陽小野田「やよい」、北九州「Birdland」、八代「ミック」、熊本「酔ing」
 「やよい」、「Birdland」はDuoでお送りしました。Duoの時は、それぞれSolo Piano、Solo
Guitarもやることが多いのですが、これも楽しみ〜。写真は「やよい」でのSolo Guitar中にパチリ。周南、防府、北九州、大分など遠方からも聴きに来てくださいました。「Birdland」では盛り上がって、店終わってから居酒屋へ移動、もう一度盛り上がりました。
 「ミック」、「酔ing」はカルテットでの演奏♪
今回初めて伺った、八代市の老舗「ミック」、超満員のとてもいいオーディエンスに囲まれ、心温まる楽しいライブになりました。何より、マスターがノリノリ、とても楽しんでいらっしゃるのがこちらも嬉しくなります。「いーライブだった〜楽しかった♪」と言ってくださって、昔ご自分が撮られた秘蔵のJazzメンの写真を引っ張り出して見せてくれました。デューク・エリントン、セロニアス・モンク、ジョン・コルトレーン、サム・ジョーンズetc.「あーこの人は、根っからJazzが好きなんだ」と感激。古い白黒の写真に写っているJazzメン、カッコよかったなー。写真から音まで伝わってきますねー。あんな空気が出せるようになりたい・・・
 最終日「酔ing」、肩肘張らずとても自然にLive。我々はとにかく「Jazzやりますー」って感じで、虚飾を張らずに純粋にJazzを楽しみました。とても素晴らしいオーディエンス、ミュージシャンもたくさん来てくれて、終わってからもセッションで盛り上がり、朝方まで音楽談義が続きましたね・・・楽しかった。
 このメンバーで10月に、NHK-FM「セッション2012」に出演します。詳しくはまた、インフォメーションさせていただきます。お楽しみに!皆さん、どうもありがとうございました〜
posted by S.Nomoto at 08:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動録2012

「魅惑のJazz!もっと好きになるJazz講座」

120705_0625~01.jpg
 6月18日、午前10時から、北九州市八幡西区の穴生学舎に講演に行きました。タイトルがこれ ♪んーなんとも、楽しそうでしょ。
 穴生学舎では北九州市立年長者研修大学校として、いろいろな楽しそうなプログラムが組まれています。その中の国際情報同好会の講座の一環です。
 2時間の持ち時間、ピアノのある部屋を借りていただいて、Jazzにまつわる話や、体験談、そして最後にミニLiveという感じの構成でお送りしました。「2時間も話が持つのかなー」と思っていましたけど、とてもアットホームな雰囲気の中で楽しくお話していたら、アッという間でしたね〜
 「なかなかJazzの生演奏を聴く機会なんてないので、とてもウキウキ楽しい時間でしたー」というような感想をいただきました〜またいつか、是非演奏を聴いてくださいね ♪
 当日の写真とお手紙を送って頂きましたーどうも、ありがとうございます。また、お会いしましょう!
posted by S.Nomoto at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年07月04日

兵庫ツアー3Days

120610_1536~02.jpg120609_1407~01.jpg
 6月8〜10日の3日間、ギター岡安芳明さんとDuoで、兵庫県へツアーに行ってまいりました。
6/8姫路市「ジョージ・アダムス」、6/9加古川市「スカーレットの小鳥」、6/10明石市「青空堂」
 今回、宿を神戸に3連泊で取ったため、移動のことをいろいろ考えて、私は車で向かいました。
北九州からだと、500km以上はあります。ちょうど東京と中間地点、時速100キロで休憩なしで行っても5時間、結局7時間くらいかかりました。基本的に運転は好きなので、景色を見ながらのんびり行きましたが、さすがに姫路についてすぐは、まだ地面が揺れてましたね・・・
 さて「ジョージ・アダムス」、姫路の駅前、繁華街のど真ん中にあります。Duoで演奏するにはとても良い広さ、たくさんのお客様に来ていただいて、とても楽しいライブでした。オーナーはすぐ横で和食店もやられてて、打ち上げでいただいたお鍋も美味でしたよー
 2日目、初日の雨もなんとか上がって、加古川「スカーレットの小鳥」へ。なんとなく店名から、スナックのような派手なお店?を想像していましたが、意外や意外、落ち着いたカフェ・レストランでした。とても古いグランドピアノでしたが、とてもいい音でしたね。オーナーも楽しそうに聴いてくださいました。
 3日目、明石「青空堂」。ここは以前、一度おじゃましております。Liveの後半はJam Sessionになっていて、久しぶりのメンバーとSessionで盛り上がりました!
 ライブをブッキングしてくださったF氏とその音楽仲間の皆さん、姫路に来てくれた大学時代のJazz研の同級生、Gt,P,SaxのJazz大好き3人組、岐阜からの岡安さん追っかけ隊様、などなど皆さん大変お世話になりました。また、お会いしましょうー!
 写真は、ホテルの部屋からの風景、気持ちのいい景色でした。合間に、中華街でご飯食べたり、メリケン波止場を散歩したりしましたよー
posted by S.Nomoto at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年07月03日

「日航ホテル熊本」10周年イベント

120531_1239~02.jpgIMG_0905.jpg
 5/31〜6/2にかけて、日航ホテル熊本の10周年の記念イベントとして、音楽面を担当させていただきました。5/31はお昼時に「ロビーでクラシック弦楽4重奏を」ということで、バンドを福岡から手配。朝から打ち合わせとイベントに立会いました。この日は特別に、館内のレストランが全て1,000円ランチをやるということで、大変な人出〜 ロビー演奏も、たくさんの観客に囲まれての華やかな演奏会でした ♪
 6/1・2は夜に、1階のラウンジ「FOUNTAIN」にて、ピアノ、ギター、ベースのTrioでJazz演奏。この日も記念日とあって、たくさんの関係者や、新聞告知を見てJazz Liveを聴きにこられたお客様で一杯。中に入れなかったお客様も多く、ロビーで聴いていらっしゃいました。
 ドラムレスのこの編成は、昔それこそ、Jazzの最も華やかなりし頃にはとてもスタンダードな編成。音のバランス、バリエーションなど、とてもやりやすく、アメリカ各地のホテルやバー、ラウンジなどで、たくさんこの編成のバンドが活躍していたことでしょうー。我々には、ナット・キング・コールTrioやオスカー・ピーターソンTrioが最もポピュラーですね。
 久しぶりの方に再会できたり、また、Jazzファンの方の声援と拍手を受けながら、楽しく演奏した2日間でした ♪
posted by S.Nomoto at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動録2012

5/20〜24三槻直子(Vo)野本秀一Duoツアー

酔ing1.JPG酔ing3.JPGBirdLand1.JPGSmokey3.JPG
 三槻直子(Vo)さんをお迎えして、3度目のツアー。最もJazzyでSwingyな、素晴らしいヴォーカリスト、過去2度のツアーも大好評で、来られる度に演奏場所が広がっていく感じで、とても嬉しいことです〜今回は山口県周南市「オスカー」、熊本ワークショップ、北九州「バードランド」、久留米市「スモーキー・ルースト」、熊本「酔ing」の5日間のツアーでした。
 「オスカー」、「バードランド」、「スモーキー・ルースト」には三槻さんを初めてご案内しましたが、Jazz好き同士、匂いですぐわかるのか、三槻さんもとても店が気に入った様子で、いずれもノリノリのライブになりました。その勢いで、ライブ後の打ち上げ飲み会も、さらに輪をかけてノリノリになりましたけど・・(笑)
 さてさて、3度目のツアー、今回はすべてDuoでの演奏でしたが、だんだん何をやってもサウンドするようになってきました。録音を聞くと、シンプルに伴奏しても、Swingしているので、とてもゴージャスな感じに聞こえます。これは私にとって、とてもHappyなこと〜。次のツアーが楽しみですね、次は10月の予定です ♪
 今回はリクエストで、熊本にて一日、Jazz Vocalのワークショップを行いました。定員12名がすぐ満員になりましたが、私も伴奏していて、とても有意義な会だと思いました。「Jazz Vocalって何?」、「こんなことに着目しているのかー」なんてことが必ずプラスになるし、ますますJazzが好きになることでしょう!
 今回のツアーを主催してくださった、私の大好きなJazz Spotの方々、そしてたくさんおいで頂いたJazzファンのお客様、本当にどうもありがとうございました。この感じを、いずれ「作品として形にしたいなー」などと、おぼろげながら考えたりもしております・・・ それでは、また次をお楽しみに ♪
posted by S.Nomoto at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

2012年06月08日

5月12日 宇部市「Speak Low」

120512_2011~01.jpg
 連休明けの週末、土曜日は、山口県宇部市のPiano Bar「Speak Low」にて、久々のLive、ソロピアノでした ♪ グランドピアノがカウンターの中に〜お料理も美味しく雰囲気もおしゃれな、素敵なお店。数年来、仲良くさせていただいております。
 久しぶりの面々や、知り合いのお客様も多くて、少しトークも交えながらの、くつろいだLiveでした。写真のように、20名ほどのお客様に囲まれてのソロピアノ〜ピアニッシモの表現もしっかり聞こえるちょうど良い広さ ♪ まぁ、私の演奏中のうなり声も、しっかり聞こえるでしょうけど・・(笑)
 写真はセカンドセット最初、オーナー&ピアニスト大野さんの演奏中をパチリ。曲は「Stardust」と「Beautiful Love」。等身大で素直で、とても心地よい、素敵な演奏だと思いました。
 私の方も、オリジナル曲も入れながら、あまりうまくいかなかった曲もあったような!?気もしますが、それでもなんとなく納得のいったようなLiveでした(←意味がワカラン)。
 終了後は、久しぶりのヴォーカルや楽器の皆さんと、一緒に演奏させていただきました。楽しかった。音楽は人を元気にしますね〜また、そういうものであるべきだと思います。
たくさんワインをいただいて、とてもいい気持ちでホテルに帰りました。どうも、皆さんありがとうございました!
posted by S.Nomoto at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012

「もりつね徳力音楽祭」音の駅Vol.17

120509_2111~02.jpg
 5月9日は、北九州市のイベント「春のもりつね徳力音楽祭」音の駅Vol.17に出演。小倉南区での地域の音楽イベントも、春と秋、回を重ねること17回目。
 今回は数日間のイベントの中の、前夜祭として、野本秀一TrioでのLive & Jam Session(At Studio 106)でした。
 満員のお客様の中、実行委員長の挨拶から始まり、最終的にははプロ、アマ入り乱れてのSession Time ♪ Jazz Live初体験のお客様もいたりして、楽しい会話が弾んでおりましたよ〜
 次回は秋の音楽祭・・・また、楽しい企画を考えていらっしゃるようで、こちらも楽しみです。
地域に根付いた文化イベント、皆様もどうぞ応援よろしくお願いいたします。
posted by S.Nomoto at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2012