What' New

2006年09月19日

伊豆下田市「ブリリアントコーナー」

image/pf-nomoto-2006-09-19T10:45:42-1.jpgimage/pf-nomoto-2006-09-19T10:45:42-2.jpgimage/pf-nomoto-2006-09-19T10:45:42-3.jpg 
9月16日伊豆半島の先端、下田市の「ブリリアントコーナー」で演奏。ここも、老舗のライブハウス。歴史が感じられる店でした。
 下田の町は、港町として昔から栄えていた風情のある町。黒船に乗ってペリーが来た町として有名です。魚がおいしく、市内のあちこちに名物の金目鯛の干物やさんがあります。
 ブリリアントコーナー、満員のお客さんで盛り上がりました!主催していただいた陶芸家の土屋さん、久しぶりにお会いできてよかったです。打ち上げや翌日の朝食までお世話になりました。ありがとうございました。
 伊豆半島、歴史・文学・温泉・お魚などなど、一度ゆっくり周ってみたいものです。

posted by S.Nomoto at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2006

富士「ケルン」

image/pf-nomoto-2006-09-19T10:44:16-1.jpg
 15日、富士市「ケルン」での演奏。いかにもJAZZクラブらしい風格のある老舗のライブハウス。ステージもすっきりとした音響で本当にJAZZの好きなお客さんも多くて、気合が入りました。
 翌日の移動で、途中江戸時代から続くうなぎの老舗「桜家」(三島市)で昼食。甘くなくすっきりとしたタレでおいしかったです。お客さんも多く、しばらく順番待ち、お値段もちょっと高めでしたが、でも満足しました。
 前日、お世話になった陶芸家の花岡さんのお宅でおいしいコーヒーをいただいた後、下田に向かって出発。天城越えです。
posted by S.Nomoto at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2006

2006年09月15日

名古屋「Sunny Side」

image/pf-nomoto-2006-09-15T16:33:15-1.jpg 
一日空いたオフ日は、常滑にお住まいの陶芸家、吉川さんご夫妻のホームパーティーに参加させていただきました。ご飯もごちそうだし、楽しい皆さんばかりで、すっかりくつろがせて頂きました。本当にありがとうございました。
 翌14日は名古屋の「Sunny Side」での演奏。広さ、機材、スタッフ等すごく演奏しやすいお店でした。スタッフの皆さん、たくさん来ていただいたお客様、ありがとうございます。
 翌日、ホテルをチェックアウトして彫金作家の安井さんに案内していただき、皆で味噌煮込みうどんを食べに行きました(写真)。かなりの固麺で濃味のため、好き嫌いがあるそうですが、僕を含め皆、味には満足してました。どっちかというと、うどんというより九州ではダゴ汁に近い感覚ですね。
 さあ、今日は富士市の「ケルン」での演奏です。
posted by S.Nomoto at 16:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動録2006

2006年09月14日

京都「Pick Up」

image/pf-nomoto-2006-09-14T09:59:41-1.jpg
 9月12日京都市祇園のライブハウス「PICK UP」にて演奏。
昨夜、宿泊で大変お世話になった陶芸家の前川さん・レギーナさんご夫妻をはじめ、
たくさんのお客さんにお越しいただきました。皆さん熱心に聴いていただき、ありがとうございます。
 お店もすごくいい感じで、楽しく演奏させていただきました。恵子ママさん、お世話になりました。打ち上げでは、日本画家の藤井勘介さんご一行と同席させていただき、絵や音楽の話などを酒の肴に盛り上がりました!お酒の席での会話ですが、でもいいお話もお聞きすることができてよかったですー。  さて、写真は移動中に名古屋で休憩に立ち寄ったJAZZ喫茶「YURI」です。いい音で、レコードが流れてます!
posted by S.Nomoto at 09:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動録2006

2006年09月12日

ツアー初日!

image/pf-nomoto-2006-09-12T15:39:15-1.jpg
 9月10日(日)北九州ミュージックプロムナードに出演(at 北九州芸術劇場)しました。
毎年行われているこのイベント、今年も北九州を拠点に活動しているミュージシャンを中心に多くのメンバーが出演しました。
 少しずつですが北九州も、新しく音楽家を志す人材も増えてきてますし、さらに諸先輩方の演奏も充実していて、これからの展望が見えてくる気がします。最後のメンバー全員によるジャムセッションも楽しかった!
 さて、今日から10日間のツアーです。メンバーでの移動はワゴン車で、東京や群馬まで行きます!これは琵琶湖沿いの車窓からの風景です。元気に行って来ます!途中またブログで報告したいと思います!
posted by S.Nomoto at 15:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動録2006

2006年08月31日

ありがとうございました!

 ドラマーに田井中福司氏を迎えての「野本秀一TRIO」8月のツアー、27日で無事終了しました。宇部、久留米、熊本、北九州と本当にたくさんのご来場ありがとうございます!
 10月のCD発売に向けて、気持ちを新たにがんばろうと思います。またぜひ、聴いてください!
 お世話になりました各ライブスポット、主催者の皆様、どうもありがとうございました!

posted by S.Nomoto at 11:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動録2006

2006年08月29日

Barry Harris Workshop 

image/pf-nomoto-2006-08-29T10:37:58-1.jpg

8月16日から20日までの5日間、山口の萩市に滞在しました。
目的はJAZZ界のの歴史的ピアニストBarry Harris氏のワークショップに参加するためです。
Richard Davis(Bs),Lewis Nash(Ds)という豪華な講師陣のワークショップ、全国からプロアマ問わず、たくさんの参加者、見学者がいらっしゃってました。昼には子供の部もあったりして、ほのぼのとしたワークショップでした。
Barry Harris氏(御年76歳)は僕の大学時代からのアイドルのひとり。バド・パウエル、セロニアス・モンクといったBe−Bopのサウンドを今本当に表現できるのはバリーさんしかいないと思っています。実際に「バドが言ってたのは〜」「ディジーはこうやったんだけど〜」なんて、自分にとっては歴史的なプレーヤーの名前が出たりすると、バリーさんの長年の歴史を感じますが、しかし今もそのピアノプレイは健在。僕も2002年から今年にかけての過去5回、N.Y.のビレッジバンガードでライブを聴かせていただきました(続けて2日間全セット聴いたときもあった・・・)。
今回ピアノが3台用意されてて、隣のピアノに座ってかなりの時間弾かせていただきましたが(バリーさんの歌伴したり?!)バリーさんのピアノ、本当に不思議な音色をしてます。同じハーモニーを押さえてるのに同じに聴こえないという不思議な経験が何度もありました。大きな手で絶妙のタッチ、タイミング、バランスで弾かれるそのサウンドは一生の想い出になるでしょう・・・。
バリーさんは歌やスキャットが大好き、スタンダードJazzのレパートリーは本当に幅広く歌える曲は全て弾けるという印象。サウンドに関しては独自の美的センス、セオリーで、レッスン中も絶対妥協を許さない部分もあって、レッスン生に向かってかなり興奮して教えていらっしゃる瞬間もありました。でも、本当はすごく気さくな性格で皆に慕われていて、時々ジョークで皆を笑わせたり、いいサウンドを弾くと目を見てニコーッ・・・。
バリーさんと僕とのやりとりの中で、「そのサウンドを弾くと君はアマチュアに逆戻りだよ(笑)」なんていわれたり「僕はこれが好きだけど君がそう弾きたいのならいいんじゃない?」というような会話もあって、個人的には本当に楽しかった。そうそう、ボーカル受講生のレッスン中にニヤニヤ笑いながら、絶対バリーさんしかしないであろう特殊な弾き方を、僕に真似しろと言うのでやってたら、僕ができないのを見て「ヒヒーィー!」って悪ガキみたいな笑い方をして喜んでました。
美しい萩の町で、九州から一緒に参加した仲間や、各地でお会いしたことのあるJAZZファンの方たちとの再会、新しくできた友人など本当に楽しい5日間でした!バリーさん、いつまでもお元気で、またその素晴らしいピアノを聴かせて下さい!!
posted by S.Nomoto at 10:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 活動録2006