What' New

2014年03月03日

「熊本城マラソン、フルマラソン6名全員完走 ♪」

swing-2014-02-25T17_25_00-1-thumbnail2.jpg
140216_0837~01.jpg140218_2328~01.jpg
 2/16(日)の熊本城マラソンに出場。私を含め、「酔ing」スタッフ、ミュージシャン仲間など、フルマラソン6名全員完走しましたーやった〜
 そもそも2年前、かなりお酒入って酔った勢いで「野本さんも走ってみない?」というお客さんに、「そうですねー、何キロですか?」「男ならフルマラソンでしょう!」・・ってな感じで出場。
事前に5〜10キロを5〜6回練習したくらいで、本番を迎え、右ひざを痛めながらも、芸人魂、ド根性でゴール(6時間40分)。
 学生時代はスポーツは割と得意な方でしたが、やはり20年以上、運動という運動を何もやったことのない不摂生のお手本のようなミュージシャン生活・・・終わって2週間、杖をつきました・・(あまくない・・反省〜)2年前の記事をお読みください〜我ながら面白い記事です(笑)
 そして昨年、2匹目のドジョウを狙って出場。前年の反省をふまえ、若干多めに練習。今年はどうにかなるかと思っていたところ、10キロ過ぎで早々に左ひざ後ろ外側の筋に痛みが・・・
前年に痛めた右ひざを警戒していたのに〜人間の体は不思議なものです、あえなく15キロ付近でリタイヤ。バスに収容され、しょんぼり・・・バスを降りて、リタイヤした皆で足を引きずって帰る光景は、哀愁が漂っています(涙)
 ということで、今年・・・今までで一番走りました。〜とは言っても、普段から走られているランナーの方に比べれば、申し訳ない程度ですね。それでも、昨年11月末から通算、120〜130キロくらいは走ったかなー。私としては、日々の移動と、演奏打上げやパーティーでお酒飲んでる機会の多い中では、よくやった方です。前日は「酔ing」のイベントで夜中2時過ぎまで店に・・・軽く前祝い(!?)で飲みました、そんな余裕はない筈ですですが・・・。
 さて当日、朝7:30に「酔ing」に集合、睡眠時間3時間。「酔ing」はスタート地点に近い為、ゲートインまでの時間、暖を取るのに最適、今年も店を開放して皆でスタートまで待ちました。
9時にスタート、我々のスタートするFブロック(最も申告タイムの遅い人たち〜)は、「くまもん」はじめ、仮装してる人や、いかにもにわかランナー的な人も多いのですが、我々にわかランナーも、一応お揃いのTシャツでも着てみました。Tシャツデザイナー「RACICU」の杉村清香さん制作のかっこいいTシャツです。
 ギターの隆介氏は寄せ書きの入ったハチマキと、何を勘違いしたかバレーボールの人のようなスネ当てをしてスタンバイしてます〜(笑)。どうやら酔ingスタッフ良平氏との間に、し烈な罰ゲームの約束をしているらしく、気合が入っています。
 ・・とはいう私も、もし完走できなかったら、店で一日バーテンダーでカウンターでバイトさせられるらしく、さらに何故か完走できなかった人は全員、丸一日「眉毛がつながる」そうです・・(笑)皆、覚悟も新たに42キロに挑みました!
 さて、その結果は・・・見事、全員完走!おめでとうー!
私のタイムは、5時間50分、なんとか6時間を切りました。20キロ過ぎの地点では、かなり疲労、筋肉痛が来て先行き不安になりましたが、定期的にストレッチをしながら、乗り切りました。熊本マラソンは沿道の応援が多いのが特徴、照れくさいけどうれしいものです。途中で知り合いが何人も声をかけてくれて、元気が出ましたー。
 これ位のタイムでは、後半30キロを過ぎると、皆もくもくと歩いている(笑)遠足みたいな光景が続くのですが、熊本城への坂道をなんとか歩き、ゴールへの最後の角を曲がった瞬間、皆が一斉に走り出します(笑)残り150メートル、私も最後の見栄を張って走りましたよ〜ゴール!よかった、練習の甲斐がありました。
 隆介氏が、終了後行方不明になり、後で聞けば、動けなくてメディカルマッサージのテントにずっと居座っていた(笑)くらいで、皆もことのほか元気〜。私も翌日はかなりの筋肉痛でしたが、2年前のレース後のひどい状態からすると天国でした。
 最近、ウエストがきつく限界を迎えていたズボンが、また入るようになり、やはり練習のため摂生したのか体調も少し軽くなった感じで、これもご褒美ですね。
 これを機に、定期的に走るの続けると良いのでしょうねー来年も皆で出ようかな ♪きつかったけど、楽しかったー。ランナー、スタッフの皆さん、おつかれさまでした。応援の皆さんありがとうございました!
posted by S.Nomoto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary/エッセイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90152203

この記事へのトラックバック