What' New

2013年12月17日

CD「Sweet Standards」ディスクレビュー & 発売記念Liveレビュー@「Jazz Japan」誌

IMG_4536.jpg
Jazz専門の全国誌、「Jazz Japan」の「Sweet Standards」ディスクレビューです。
「正統派シンガーの三槻と、歌伴にも力を発揮する名手、野本。ここ数年共演する機会も多い、2人の強い希望で実現した共演作で、野本のしなやかなプレイを受け、三槻は心地良くスイングし、時にしっとりと滋味豊かに歌い綴る。
ジャズ・ヴォーカルの王道を行く歌唱で、スタンダード曲の数々を表情豊かにこなし、”聴く人に間違いなく満足感を与える”(マーサ三宅)、かなり良好な仕上がりを聴かせる。名匠、岡安のギターにも注目。<小西啓一>
「11/22の発売記念Live」のレビューです。
「〜三槻直子がレコ発コンサートで見せたベテランの貫禄〜11月22日、東京・中野坂上にある「ハーモニーホール」において実力派シンガー、三槻直子の最新作「スウィート・スタンダーズ」の発売を記念したコンサートが行われた。
九州を拠点に活動する人気ピアニスト、野本秀一やトップ・ギタリストの岡安芳明などアルバムのメンバー全員が揃って繰り広げられる鉄壁のアンサンブルに乗った三槻の豊かな歌唱は想像を遥かに超えた素晴らしいもので、バックの演奏も含めて、日本のベテラン・アーティストたちのレヴェルの高さをひしひしと実感した。
三槻はマーサ三宅が主催するヴォーカル・スクールにおける看板講師の一人だが、この日集まった満員の観衆の中にも彼女の生徒たちと見受けられる人々が数多く来場していた。きっと彼らもこの後進の模範ともいうべき師匠のヴォーカルを聞き、志を新たにしたことだろう。」<土屋章>
posted by S.Nomoto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2013
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87065755

この記事へのトラックバック