What' New

2010年09月10日

8月の活動報告まとめ(前編)

100722_1531~01.jpg100801_150615.jpgswing-2010-08-04T23_34_09-1-thumbnail2.jpgHI3E09520001.jpg
 8月はレコーディングの前後の忙しさで、ほとんどブログの更新が出来なかったのですが、印象に残ったライブも多かったのでここにまとめて掲載します。
 7月22日、かれこれ5年にわたり指導に伺っている、守恒中学音楽部の野外サマーコンサート。僕はPA担当ですが、今年は毎年悩まされる天気も快晴で、日頃の練習の成果を存分に、お友達や家族の方に披露しましたー。子供たちの中には、まだ稚拙ながらも表現に光るものを持っている子もいて、昔バンドを始めた頃の自分を思い出しますね・・・。
 7月30・31日とヴォーカリストうしじまあおい さんと2Days。彼女の主宰するヴォーカルスクールのお手伝いなどで、数曲伴奏をしたことはあるのですが、今回初めてLiveという形での共演になりました。技術的なことはもちろんですが、素晴らしいバランス感覚の良さの中にも、ユニークな一面が見えたりして、とても楽しい演奏でした。彼女はビルメイズさんという素晴らしいピアニストとの新しいCDを録音したばかり。発売が楽しみですねー。
 さて8月1日は、去年も好評だった熊本Tap Danceの皆さんとの共演。熊本県立劇場で毎年行われる「Dance Performance」というイベントでの出演です。今年はステージ全編をピアノ伴奏にて行いました。今年初めから準備を始めて、その舞台裏を知っているだけに僕も一出演者としてドキドキ・・・しかし、結果は大成功。お客さん、関係者の評判もすこぶる上々♪ よかったー。
打上げ延々盛り上がりました〜来年はミュージカル物を検討中です。
 8月5・6日は関西を代表する重鎮テナーサックス奏者、宮哲之さんをお迎えしての2Days(宇部・熊本)。3〜4年ぶりの共演になりました。
宮さんと一緒に演奏するとJazzの良さをしみじみ感じます。やわらかい中にも情熱的なトーン、経験の深さゆえの説得力、無駄のないシンプルな表現・・・。どの瞬間をとっても、Jazzのテイストが充満している安心感は、伴奏している間もとても楽しいー。またの機会を楽しみにしております。
 お盆は大分の実家に帰りました・・・(後編に続く)
posted by S.Nomoto at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2010
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40632567

この記事へのトラックバック