What' New

2008年11月25日

11月23日「亀井俊児Live」

 この日は北九州市の「Studio106」にてドラマー亀井俊児がリーダーのLive、第2弾。
1st Set ピアノトリオの彼の選曲は、なんとピアニストBarry Harris特集・・・。現役で活躍されているピアニストの中で、僕が最も尊敬している歴史的な天才ピアニストゆかりのナンバーに挑戦しました。滋味深くJazzテイスト満載のBarryさんの作品を演奏するのは、本当に楽しくやりがいのあることです。これからも繰り返しチャレンジしたいと思っています。
亀井live.jpg

 2nd SetはVocalistを交えての演奏。皆さんもご存知のように、僕はヴォーカルの入ったBandが本当に好きなのです。名ピアニストは歌伴の名手がほとんど・・・Oscar Peterson、Tommy Flanagan、Norman Simons、Ray Briant、George Shearing等々、特にLive盤などはJazzの楽しさにあふれていて聴いていて嬉しくなってきます。この日の演奏もそういった楽しさを表現できたかなと思います。
  ミュージシャンもたくさん聴きに来てくれて、打ち上げのファミレスではこの日のメンバーとミュージシャン仲間で、たわいのない話で盛り上がりました。それぞれが、これから年末に向けて忙しい時期、元気に乗り切ろうぜ〜yeah!!
posted by S.Nomoto at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2008
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23330281

この記事へのトラックバック