What' New

2008年08月15日

8月9日「秋吉台国際芸術祭」

全体 上手 看板なし.JPG
 秋吉台国際芸術祭のオープニングイベントとして天然記念物の鍾乳洞「景清洞」にてJAZZコンサートが開かれました。平景清伝説の伝わる幽玄な雰囲気の洞内に300名を超えるお客さん、気温16℃、天井からは時々水滴がポタッ・・・。
 まずは平家と縁深く、耳なし芳一ゆかりの下関の赤間神宮から、雅楽隊の演奏・・・かなり広い「景清洞」の洞内に横笛や笙の音がこだまします。そして一曲、ピアノで参加することに・・・もちろん初体験でしたが「妙にハマってたヨ」とは熊本から来てくれた友人の感想・・・チョンマゲ姿の見た目ではないよね!?
 さて、そしていよいよJAZZの演奏です。今回特別に参加の大人気のプレーヤー、浜崎航(Ts)安カ川大樹(Bs)両氏に、博多から菅原高志(Ds)氏を交えての野本秀一Quartet。「サマータイム」などのスタンダードや、柔軟で誠実なプレイが本当に素晴らしかった浜崎氏のオリジナル「たまゆら」、耳に残るアルコの音色で安カ川氏の「Deep valley」などを演奏しました。そしてヴォーカルの福永洋子氏はフランスからの11名のアーティストのために特別にフランス語で「過ぎ去りし恋には(I Wish You Love)」を披露、アンコールも含め2セット約90分のステージは大変盛り上がりました!
(写真;黄色い僕の衣装は寒い洞内の為のスタッフトレーナー兼、芸術祭サポートトレーナー。こういうほのぼのした衣装は、今の僕の風貌とかなりミスマッチ・・・街であったら話かけられたくないタイプですね、ハハ)
野本さん 引き.JPG野本さん MC.JPG
 ・・・途中、1部2部の間の休憩時間にほとんどのお客さんと一緒に外に出て、暖を取りながら!?パエリアやスープなどをいただきましたが、いろいろな方から激励のお言葉や、買っていただいたCDにサインなどをもとめられ、ミュージシャンとして本当に嬉しいひと時・・・!皆さん本当にありがとうございました。またお会いしましょう!
 (追記)さてそれぞれの撤収作業も終わって、皆で打ち上げへ向けて宿舎へ移動中、あまりに美しい星空に夜空を見上げて「フェン・ユ〜・ウィシュ ・アポンナ・スタァ〜♪」などと歌っていたら、きれいな流れ星を見ました。僕は2つ!しかし、お願いは間に合いませんでした・・・以上
 
posted by S.Nomoto at 04:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動録2008
この記事へのコメント
洞窟ライブ、楽しかったです〜!
たくさんのお客様が、みなさん喜んでいました!
トレーナー姿は、みなさんにつっこまれてましたね(~0~;)
でも、一旦ピアノに向かうと、ほのぼの色もなんのその、
オーラを発していらっしゃいました!さすがです!
ところで
野本さんのお願い事ってなんでしょう〜〜??
Posted by まちお at 2008年09月23日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18000736

この記事へのトラックバック