What' New

2015年03月04日

「New CD”岡安芳明(Gt)野本秀一(P)”共作Duoアルバム/レコーディング顛末記」

__ 1.JPG
  2/17、北九州空港を出発。今回のレコーディングのマネージメントを手伝ってくださった北九州「Studio 106」のお二人と3人で。浅草のホテルにチェックインして、そのまま千葉県松戸市の「What's New Records」のスタジオへ。電車乗り間違え、少し遅刻しました・・(涙)
 岡安さんと簡単な打ち合わせ。録音予定曲を前に、意見交換〜
「この曲、こういう風にやってみたいんだけど〜」とか、「キーを1つ上げた方が良くない?」とか、「ここ野本さん弾いてくれない?」「えーホントに〜?」(笑)とか。あげくの果てには、二人で「やっぱ曲変えよっかー、何しよう?」(爆)
 結局「明日、やってみて決めよう〜」となることも多く・・・
Duoなので、1対1の会話、実際本気に音出してみて、その時どんな空気になるか、どう弾きたくなるか?それは前もって予測しにくいし、そのスリリングさが面白いところでもありますね。
 そんな感じで、リハーサルしてみて、想像外のことも多く、ホテルに帰ってピアノ触りたいなあとも思いましたが、もちろんそんなものはないので、3人で居酒屋で飲んで寝ました〜。
 さてレコーディング初日〜
とりあえず、大きな問題なくエンディングまで行った演奏を、1曲につき2〜3テイクずつ残していく感じで、進めました。レコーディングはとても順調に進み、13時にスタジオ入りして、夕方には予定の11曲中、8曲を録り終えました。頑張れば、レコーディング、1日で終わったかも〜
 1テイクでOKで、たった1回しか録らなかった曲も2曲ほどあり、あともだいたい2〜3テイクで終了。後から改めてOKテイクを選んでみたら、やはり圧倒的に最初のテイクが良いことが多かったですね〜。やはり我々は、イメージが一番フレッシュな1stテイクで、それをそのまま作品として残せる、クオリティーに仕上げる力が必要ということを思い知りました・・。
 あるマイナー調の暗い曲で、岡安氏「ねー、ちょっと照明暗くしてくれない?・・・おーイイね〜気分出てきたー」と言っているのを見て、演奏中おかしくて〜 ちなみに、この曲も1stテイクでOKでしたよ。
 さて2日目、13時入り〜
1日目に録らなかった3曲、それぞれのオリジナルナンバーをソロピアノ、ソロギターで、それ以外アップテンポのもう1曲をという予定でした。
 私のソロピアノ、3テイク録って、ちょっとミスタッチはあるものの、雰囲気の出ているものが録れたのでOK。アップテンポは二人の協議の結果、ボツにー(笑)
 岡安氏のオリジナルを録り終えて、まだ16時前。「時間あるので、2曲ぐらい録り直してみようかなー」という私に、「え〜っ、野本さんの演奏、あれ好きだけど〜どこかイヤなの? バッチリOK手(チョキ) もう、CD出来ちゃったよー♪」と言い放ち、腰を上げるそぶりも見せない岡安氏におされ、結局そのままレコーディング終了〜(爆) あとはこの日、九州、山口から応援に駆け付けてくれた2人を交え、プレイバックを聴きながら、ひたすら話が弾むばかり・・・
 レコーディング無事終わってその夜、福岡出身の後輩ミュージシャンが働いているという、六本木の老舗Piano Barへ皆で行ってみました。入ってみると、偶然ピアニスト、ベーシストとも旧知のお二人(とてもご活躍のお二人です)。いい感じで酔っ払ってきたところに、ステージから突然、呼び出され、私も1曲参加しました。
 翌日は、朝から浅草界隈を散策、夜はさいたま市「Cafe'Jazzmal」でLive。岡安芳明Trio、ベースは数年ぶりの香川裕史さん。なんとテナーサックス安保徹さんも遊びに来られて、昨年11月以来の再会、豪華メンバーの楽しいセッションでした。
 充実の4泊5日、楽しいレコーディングツアーでした。What's New Records佐藤さん、「Studio106」のお二方、応援のお二人、今回も「Cafe'Jazzmal」に来てくれたピアニストの友人2名、そして応援メッセージをメールしてくださった皆様、等々、本当にありがとうございました。
 おかげ様で、とてもいい内容のCDが出来た様に思います。CDの発売は5月20日、5月22日からレコ発ツアーが始まります。是非、お楽しみにー。CDの中身が固まったら、またこのHPにて、ご報告いたしますねー♪
posted by S.Nomoto at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動録2015
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114618178

この記事へのトラックバック